剣士の野望と意思

「使命」について論文や本を書くとしたら、どんなことを調べる?「野菜ジュース」の一般的な解説なんかかな。それとも、一個人の考え方からの見解だろうか。

サイトカテゴリ

風の無い月曜の夕暮れは座ったままで

末端冷え性にかかってからは、いくらか辛いけれど、何と言っても寒い時期がマストだ。
外が乾いているので、カラッとした匂い、プラス、ヒーターの温もり。
真冬の日差しってゴージャスな気になれるし、一眼を持って行った、早朝の浜辺もいい感じ。
その時は、レフもOKだけれどトイで気持ちよくシャッターに収めるのが本当に空気感のあるショットが見つかる。

ノリノリで歌うあなたと擦り切れたミサンガ
タリーズコーヒーでも、ロッテリアでもいろんな場所で美味しいコーヒーを飲むことができる。
もちろん、飲みたいときにインスタントでも手軽だし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が大好きなのがスタバだ。
全席禁煙と言うのが、煙草の煙が嫌いな私にとってポイントだ。
そのため、コーヒーの匂いをより堪能できる。
金額も高いけれど、上質の豆が使われているのでコーヒー好きにはたまらないだろう。
甘いもの好きには毎回コーヒーと一緒に、ついついケーキも注文してしまうという落とし穴もある。

風の無い日曜の深夜は歩いてみる

仲のいい子とお昼に計画していた。
西鉄天神駅の待ち合わせスポットになっている大きめのテレビの前。
早めについて待っていると、少しばかり待たせることになるとメールが入った。
この駅はみんなの集合場所なので、人々は次第に約束の相手が現れる。
mp3で音楽を聴きながら、その光景を眺めていた。
それでもくたびれて近所の喫茶店に入って、アイスティーを飲んでいた。
それから、友人が待たせてごめんね!と言いながらきてくれた。
お昼どこはいる?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々調べてみたけれど、どこが良いのか探せなかった。

雲が多い土曜の夜明けに立ちっぱなしで
夏期なので催し物が大変増え、最近、晩にも人の往来、車の行き来が非常に多い。
地方の奥まった場所なので、日ごろは、深夜、人の行き来も車の往来もそんなにないが、花火大会や灯ろう流しなどが行われており、人の往来や車の往来がものすごく多い。
通常の静かな夜半が邪魔されていささか耳障りなことが残念だが、常日頃、活況が少ないかたいなかが活況があるように見えるのもまあいいのではないか。
近隣は、街灯も無く、小暗いのだが、人の行き来、車の通りがあって、活況があると陽気に思える。

凍えそうな土曜の晩はこっそりと

少年は、今日は小学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食係たちと、給食を給食室に取りにいった。
今日の主食は、お米ではなくパンだった。
バケツのように蓋付きの大きな鍋に入ったスープもあった。
少年は、最も重たい瓶入り牛乳だけは、男が運ばなければならない、と思っていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい牛乳を女子には持たせたくはなかったけど、クラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思った少年は、少しドギマギしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を運ぶ事にした。

湿気の多い休日の早朝は昔を懐かしむ
今季は、泳ぎに行っていないが、海に入りにとっても行きたい。
今、子が2歳なので、砂浜で砂遊び程度だけれども、しかし、たぶん笑ってくれるだろう。
だけど、しかし、子供は、オムツをはいているので、子連れ以外の海水客の事を考えたら海に入れないのがいいのではないだろうか。
それ用のオムツもあることはあるが、議論になっているらしいので。

気分良く叫ぶ先生と冷たい肉まん

ちょっとだけ時間に余裕が出来たので、ゲオに向かった。
新たにmp3playerに入れる楽曲を探すため。
ここ最近、しょっちゅう聞いたのが西野カナさん。
時期に関係なく習慣になっているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽も素敵だと思う。
そう思い立って、今日はレンタルしたのはアリゼだ。
甘い声とフランス語が似合うと思う。

天気の良い平日の朝にお酒を
「とにかくこうで当然だ!」と、自身の価値観だけで周囲を裁くのは悪ではないと思う。
とは言っても、世の中には、人それぞれと言うものが人間の周りに浮いている。
これらを考えれば自信を手に入れるのは必要だけど、あまりにも反論するのは良い事ではないのかも?と考える。
まあ、これも一つの意見でしかないけれど。
生活しにくい世の中になる可能性のあるかもしれない。

風の無い大安の夜明けは料理を

営業に出ると、1週間近く帰れないこともある。
とても、充実感はあるけれど、とても気を張っているので、ほとんど眠れない。
起床時間のずいぶん前に、眠いのに目が覚めてしまう。
けれど、帰って来た時のやりきった感は最高だ。
思う存分遊ぶし、眠れるし、贅沢する。

自信を持って跳ねるあの人と読みかけの本
出身地が違うと普通に食べるものが変わることを二人で生活しだしてからたいそう知るようになった。
ミックスジュース作ろうかと妻からある時言われ、ミックスジュースを買っていたのかなと考えたら、家で作ることが普通みたいだ。
フルーツを色々とアイスをいっしょに入れて、牛乳をさらに入れて家庭用のミキサーで混ぜて終わりだ。
家で味わい飲んだのは未知の体験だったが、すごくくせになった。
美味だったし、おもしろいし、私も作り飲んでいる。