剣士の野望と意思

「姉ちゃん」について論文や本を書く事になったら、どんなことを書く?「酢豚」の一般的な解説とかだろうか。もしくは、自分独自の観点からの意見だろうか。

サイトカテゴリ

喜んで話す兄弟と霧

カメラ自体、全く持って夢中になってしまうけれど、また突出していると言えるくらい好きなのがトイカメラだ。
2000円程でcheapなトイカメが簡単に持てるし、SDカードがあるならばパソコンでもすぐ再現できる。
現実味や、感動の一瞬を写すには、性能のいいカメラが似合うと思う。
ところが、漂う情緒や季節の感覚を写す時には、トイカメには他の何にもかなわないと熟考する。

曇っている水曜の午後はシャワーを
恐ろしいと感じるものはいっぱいあるけれど、海が一番怖い。
しかも、沖縄やハワイなんかのクリアな海ではない。
もっと上を行くのが、しまなみ海峡などの黒い海だ。
つい、右も左も水平線・・・という状態を想像してしまう。
気分だけ味わいたかったら、オープンウォーターという映画がお勧め。
ダイビングで海上に置いてけぼりの夫婦の、トークのみでストーリーが終盤に近づく。
とにかく私にとって怖い内容だ。
本当にあり得る話なので、臨場感は大変伝わるだろう。

目を閉じてお喋りする兄弟と履きつぶした靴

花火の季節なのに、しかし、住んでいる場所が、行楽地で毎週、花火が打ち上っている、すでにうんざりしてしまって、新鮮さもなくなった。
土曜日に、花火をあげているので、抗議もわんさかあるらしい。
私の、住居でも花火のドンという音がうるさくてわが子がパニックで泣いている。
年に一回ならいいが、夏休み中、土曜日に、どんどん音がなっていては、うざい。
さっさと終わればいいのにと思う。

どしゃ降りの金曜の昼にひっそりと
よく遊ぶちかこは賢い。
頭が良いんだなーと思わされる。
あまり人を悪く言ったりはしない。
何この人?と思っても、とりあえずその人の気持ちも尊重する。
なので、考えが広がるし、強くなるのだ。
意見を押しとおす事より、この方が知佳子にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、悲しい思いをしても糧にするやり方をとても分かっている。

自信を持ってお喋りする姉ちゃんとぬるいビール

辺ぴなところに住んでいたら、ネットでものが簡単に購入できるようになったのが、たいそう簡単だ。
その理由は、まともな本屋が市内に2軒しかなく、本の品ぞろえもひどいから、購入したい雑誌も買えないからだ。
取り寄せるよりはインターネットで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけでマイカーで30分以上かかるからめちゃめちゃめんどうだ。
オンラインショップに慣れたら、なんでもインターネットで買うようになった。
他のものもインターネットで購入するようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安価で、型番商品は絶対にネットショップ買いだ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

控え目に体操する家族と気の抜けたコーラ
いつものEくんから届くMAILの話は、何が語りたいのかまったく分からない。
酔ってても素面でもいまいち分からない。
だけど、彼が社内で作成したという、製品と募金に関する文書を読んだ。
きちんとした文章かけるんだ!と驚いてしまった。

のめり込んで熱弁する先生と横殴りの雪

アンパンマンは、幼児に人気のある番組なのに、しかし非常に攻撃的に見える。
話の最後は、アンパンチとぶん殴って解決することがとっても多く思える。
小さな子にも非常に悪い影響だと思える。
ばいきんまんとかびるんるん達が、あまり悪いことをしていない内容の時でも殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を目撃したら、やめろといいながらすぐにこぶしを突き出している。
わけを聞くわけでもなく問答無用だ。
説き伏せるわけでもない。
ただ、殴って終わりにするからいつになっても変わらず、毎回同じだ。
たぶん原作は違うのだろうけど、アニメ向きにする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

薄暗い祝日の夕暮れにビールを
今晩は一家そろって外食なので、少年はとても楽しみにしていた。
何を食べようかな、と出発前からいろいろと思いを巡らしていた。
スパゲッティやカレーライス、エビフライにポテトフライ、などなど、メニュー一覧にはどんな物があるのかも楽しみだった。
行く場所は近所のファミリーレストランだ。
お父さんが運転してくれている車はもうお店の駐車場に到着する頃だ。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉さんは少年の隣で、ケータイでメールを打っている。
少年は車のドアを閉めると、ドキドキしながら入り口の扉を開いて家族を待った。

雲の無い仏滅の昼にこっそりと

今よりも凄く肥えていた時期に、絶対欠かさなかったのがハニートーストだ。
酷い時は、夜ごはんの終わりに2枚くらい食べた時期もあった。
さらにそれと同じくして、ポテトサラダにはまってしまい、デブの道へ直行だった私。
試したダイエットが、変なのばかりだ。
例えば、2週間スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープだけで生きるダイエットだ。
職場にも水筒に作って持って行ったという徹底さ。
それに断念して、豆腐を夜ごはんに置き換えるというダイエット。
それは、今の自分には無理。
その後、1年ほどかけて栄養バランスを調えると、気が付くと元通りに。
とにかく時間をかけてというのが間違いない。

雲が多い平日の晩にビールを
日本には、数多くの祭事が催されているだろう。
実際に見たことはないのに、とても良く知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
ゴージャスな彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を観光した際に、画像や実物大の笠鉾と屋台を見た。
12月に行われているので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
リアルタイムで見たいお祭りの一個だ。
8月に行われるのは、福岡市東区の放生夜があり、すべての生き物の殺生を禁じる祭事。
江戸の頃は、この祭りの間、魚釣りもしてはいけなかったらしい。
トラディショナルなお祭りも大事だが、私はりんごあめも同じくらい大好き。